2016年10月

2016年10月09日

恐ろしいシルバーの運転

以前も田舎の運転マナーについて書いた。
田舎は車社会で、年寄りの運転もとても多い。
交通マナーも悪いし、年とってるから仕方ないんだけど下手くそ。


自動車事故のニュースが地元新聞やTVに出るたびに思う。
「また年寄りかよ・・・免許証発行するなよ!」と。



先日、妻が運転する新車が、年寄りが運転する軽トラックにぶつけられた。
一時停止線で止まっていたウチの新車に、右折してきた軽トラが一方的にぶつかってきたらしい。

曲がるようだけどスピード落とさないなぁ、大丈夫かなぁ?
と思っていたらドンッとやられたようだ。

その老人は既にボケているのか動揺しているのか分からないが、警察が来てからも、同じことを繰り返し言うだけで、状況をよくわかっていないという。

なんでそんな老人に免許証が発行され運転が許されているのだろうか。



そして先日、知人から聞いた話。
スーパーの二階が駐車場になっていて、そこに駐車しようとした年寄りの軽ワンボックスが、曲がり切れず斜め前に駐車していた車の前面にぶつけた。
そして、バックして今度は後ろに駐車していた車にドカン!
2台目の駐車中の車には人が乗っていて、すぐに警察を呼んだが、老人は「気づかなかった」と主張したらしい。
ぶつかったかどうかも分からないほどの老いぼれが運転して良いものか!"(-""-)"



ケガ人が出てからでは遅いのである。
ましてや、スーパーなどの駐車場には小さな子供がたくさんいるのである。

これからの命を残り少ない命が奪ってよいものか!?



・・・冷静に考えてみよう。(-。-)y-゜゜゜



老人は自分の運転が下手くそになっているかどうかは分からない。気付かない。
でも免許証はある。運転する資格もある。
車を運転する必要もある。

そりゃ乗るよね?


なら、どうすればいいか。

例えば、70歳を越えたら毎年免許センターで厳しい試験があり、それに合格しなければ免許証を発行しない。
そうすれば、悲惨な事故や無駄な事故がかなり減るのではないか。

意外と簡単な気がするけど、どうだろうか?



自動車の運転って、人を殺すための凶器をもって歩いているようなものだと私は思っている。
だって実際に簡単に人をひき殺せるから。


最後にもう一度言うけど、いくら老人とはいえ、これからの命を奪うのは勘弁してほしい。
自覚がなく、自重自戒できないなら、法律で制度的に解決するほかはない。