トップページ田舎の生活田舎の給料で生活していけるのか?【田舎暮らし白書】

田舎の生活

田舎の給料で生活していけるのか?田舎暮らし白書

田舎の給料が如何に安いかは「就職活動−ハローワークでお説教」の記事でお分かりいただけたと思う。けっこう多くの大人(30代、40代でも)が月10万台で汗水流して働いているのが田舎の現状。

しかし、実際にそんな給料で生活していけるのか。家族を養っていけるのか。

答えを先に言ってしまうと、生活していけるし、養っていける。というより、その給料でやっていけるような生活をするのである。(T_T)

高級車を買いたいけど、買えないから軽自動車で我慢する。仕事帰りに外で一杯やりたいけど、給料が安いから家で大五郎(焼酎)のお得サイズをチビチビと飲む。趣味を思いっきり満喫したいけど、お金がないからまあ適当に。習い事をしたいけど、お金がもったいないからやめておく。海外旅行に行ってみたいけど、そんな金も時間もないからあきらめる。
ね、質素な暮らしでしょう。まさに今の私です。(^^ゞ
東京にいた時の3分の1の給料でやってるわけだ(悲)。

特に若者が安月給で生活していける何より大きい要素は、親と一緒に住んでいるということ。親と同居なので、家賃もいらず、水道光熱費もかからず、食費の心配もないのだ。もちろん、例外の人もたくさんいるのだろうが、私の見たところ、親におんぶに抱っこ、そういう若者が非常に多い。
要するに、贅沢をせず質素な生活をすれば10万円でもオツリがくるのである。

ただ、私が思うのは、それで良いのかということ。特に若い人たち。
高い給料をもらえれば自己投資も含めてやりたいことができ、人間の幅を広げられる可能性も大きくなる。お金、お金って何だかいやらしく聞こえかも知れないが、資本主義社会である日本ではお金がなければ食べることができないのは当然ながら、病気の治療も受けられないし、子供に高い教育を受けさせてあげることもできない。女性と遊ぶのだって金がたらふくかかる(笑)。

田舎の人たちはそういったことを望んではいるのだろうが、そう見えない。「仕方ないよ」とあきらめているようにしか見えないのだ。
島田洋七の「佐賀のがばいばあちゃん」のような田舎暮らしもあるし、それは否定しないけど、私自身はそういう選択をしたくはない。
(本はすごく面白かったけどね〜)

まあ、そんなこんなの事情で、向上心が強く野望を持った若者は卒業と同時に都会へと離れていってしまうのである。悲しい負のスパイラルだと思う。

【田舎暮らし白書「たかが田舎暮し、されど田舎ぐらし」】

トラックバックURL
この記事へのトラックバック
1. 佐賀のがばいばあちゃん:日本映画専門チャンネル 707ch  [ スカパー三昧 ]   2007年05月11日 12:43
人気漫才コンビ“B&B”の島田洋七が祖母との思い出を綴った自伝的ベストセラー小説を映画化。貧しくとも明るく前向きに生きる“がばい”(すごいの意味)ばあちゃんに扮するのは、吉行和子。 作品の詳しい情報、放送日程等は日本映画専門チャンネル内の「佐賀のがば...
2. 「気取んなくていい かっこつけない方がおまえらしいよ」  [ L'appetito vien mangiando! ]   2007年05月13日 00:34
GW最終日。やっと来た休みなのにできたことはほんのちゃみっとです…。時間の使い方が今一番改善しなければならないことかもしれない。 そんな中、観れたものは昨日の「ブレイブ・ストーリー」のみ。私のGWの目玉のひとつといっても過言ではありません。4月からずっと待ち...
3. 田舎暮らしで自然の魅力を満喫する  [ 田舎暮らしは最高!! ]   2007年05月24日 23:49
田舎暮らしは最高!!へようこそ♪田舎暮らしの魅力は、言うまでもなく自然環境の素晴らしさにあります。美しい山や川、そして海。輝くばかりの緑。澄みわたる空と空気。そして静けさ。聞こえてくるのは鳥や虫の音、波や風の音・・・。都会の喧騒に疲れた人間...
4. 田舎暮らしを考える 最も大きな損失は交友関係を失うこと  [ 田舎暮らしは最高!! ]   2007年05月27日 00:09
田舎暮らしは最高!!へようこそ♪田舎に移住してしまうと、都会暮らしの魅力である便利さや豊かさは確かに失われます。何でもすぐに手に入る環境は、田舎には期待できません。しかし、都会で本当に便利さや豊かさを享受していたかというと、そうでもないのです。...
この記事へのコメント
1. citron   2007年10月24日 10:29
私の田舎では、結婚しても夫の両親から経済的な援助を受けている人がたくさんいます。男性の所得が低く、親の援助なしでは、ただ食べていくだけの生活しか出来ないので、息子の面子を守るためにも、親がせっせと援助してくれようです。そして、その恩は、息子ではなく嫁が『介護』という形で返さないといけないことになっているようです。
2. 田舎暮らし白書   2007年10月24日 20:46
5 citron、おっしゃるとおり、田舎の若者は独立していません。ひじょ〜に親に頼っているという印象です。甘えん坊です。東京で揉まれるべし!
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔