トップページ田舎の店カードが使えないスナック【田舎暮らし白書】

田舎の店

カードが使えないスナック田舎暮らし白書

田舎暮らしを始めて、初の友人ができた時のこと。親睦を深めようとサシで居酒屋へ。そこで大いに盛り上がり、2軒目にスナックへ。さらに話が弾み3軒目に向う時だった。

友人はもう金がないと言う。私は大丈夫、大丈夫と言い3軒目に入り、閉店まで呑んだ。
さてお勘定。私はおもむろに財布からクレジットカードを出し、ごくごく普通に「カードで」と言った。
スナックのママは目を丸くし、周りも何か変な雰囲気だ。そして、ママから言われたひと言。
そんなしゃれたもんウチで使えるわけねべ。」

友人はバツ悪そうに小声で、
「この辺の飲み屋はクレジットカードとかは使えませんから。」

結局、地元出身である友人のツケということになり事なきを得たが、私としては開いた口がふさがらなかった。何で飲み屋でカードが使えないの?何軒もハシゴするだけの現金をいつも持ち歩く訳じゃないしなぁ。
それに、なんか「俺は東京から来たんだぜ!」みたいにカッコ付けてわざとカードを出したと思われてはいまいかと、そっちの方も心配だった。

その後、この日同伴した友人は今でも私の田舎暮らしの先生として、田舎での生活について私が恥をかかないよう、様々なことを教えてくれている。

あ、私のクレジットカードのほとんどは解約し、今は1枚だけ。
その1枚もほとんど使う機会がないのは言うまでもない・・・。


【田舎暮らし白書「たかが田舎暮し、されど田舎ぐらし」】

☆ランキング参加しています。
田舎ランキング
 
トラックバックURL
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔