トップページ田舎の特色ほとんど公立、公共施設【田舎暮らし白書】

田舎の特色

ほとんど公立、公共施設田舎暮らし白書

わたし「○○さんは高校受験は何校くらい受けたんですか?
     私立ですか公立ですか?」
相手「・・・この辺だと△△高校と□□高校しかないからねぇ、
     だいたい田舎に私立なんて無いし・・・」

これは単なる私の無知なのだが、田舎暮らしを始めた当初はこのように噛み合わない会話でよく恥をかいた。基本的に田舎の高校に私立はない。大学もない。ついでに、人が集まるような各種施設も民間施設は非常に少ない。公共施設なのだ。

今ではこのような田舎の常識は至極当然のことと思えるようになったが、以前の記事「カードが使えないスナック」にもあったように、当初は周りの人たちは「田舎をバカにしてんのか!」くらいに思っていたかも知れない。

自分が恥じをかく程度ならまだ良いが、下手すると人を傷つけることもあるかも知れない。無知は恥で、時には罪にもなるのだ。
でも今は大丈夫。立派な田舎者になれたと思う。
(あっ、これも差別用語か・・・いい意味でね。)

【田舎暮らし白書「たかが田舎暮し、されど田舎ぐらし」】
-------------------------------------------------------------------------------------------
☆ランキング参加しています。
田舎ランキング
 
トラックバックURL
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔