トップページ田舎の店田舎のやぶ医者【田舎暮らし白書】

田舎の店

田舎のやぶ医者田舎暮らし白書

田舎暮らしは、考えられないことがたくさんある。

虫刺されによる皮膚アレルギー(田舎の虫は強い・・・)を診てもらいに、実家近くの小さな医者に行った時のこと。

いかにも田舎の診療所という感じのところで、他に待っている患者はおばあちゃん1人だけという待合室でほんの数分待った後、診察室に呼ばれた。
中に入ると、70歳を超えているのではないかと思われるおじいちゃん先生が、なんと吸っていたタバコの火を消している
田舎とはいえ、まさか今どき診察室でタバコをぷかぷか吸っている医者はいまい。私は部屋を間違えたかと後ろを振り返ってしまったほどだ。

それでも何とか冷静を装い、症状を説明した。すると、おじいちゃんは「どれちょっと見せて。」というので、患部を見せた。すると触るでもなく、遠くから眺めて言った。
「はい、分かりました。では・・・えーと・・・」
ここまで言いかけて、今度は机の上に置いてある辞典をペラペラとめくり始めた。そのままコックリコックリと居眠りを始めるのではないかと心配したが、さすがにそれはなかった。

さて、ようやく目的のページを見つけたようで、
「リンデロンという軟膏を出します。あと飲み薬ね・・・・」
再び辞典を引き始めた。

まるで志村けんのコントである。

診察とは言えないような診察が終わり、カーテンだけで仕切った診察室を出ようとしたその時。



カチッ、カチッ

あっ、またタバコに火を付けてやがる・・・(-。-)y-゜゜゜  おわり

【田舎暮らし白書「たかが田舎暮し、されど田舎ぐらし」】
-------------------------------------------------------------------------------------------
☆ランキング参加しています。
田舎ランキング

トラックバックURL
この記事へのトラックバック
1. 藪の周辺について  [ 飯大蔵の言いたい事 ]   2007年06月06日 23:52
 藪についていくつか見てみた。
2. 全国ヤブ医者マップ  [ 音楽徒然草 ]   2007年06月07日 16:58
土曜日は定例の歯科メンテナンスでした。 約3年前にインプラントを入れて以来3ヶ月毎に診て頂いています。
この記事へのコメント
1. kazumi   2007年06月07日 13:45
志村けんのコントってのがツボでした(笑)
確かに田舎の虫は強いです。
蚊とか、大きさも違いますもんね〜。
2. すいこ(管理人)   2007年06月07日 23:30
5 kazumiさん、どーもです。
いやぁ、田舎の虫は栄養がいいんでしょうかね?甘くみてました。
でも虫よりも藪医者の方がもっと恐いですね〜。うーん、でもあの医者は「ヤブ医者」というより「ボケ老人」に近いかなぁ。医者に診てもらった方がいいと思いますね(笑)。
3. こなつ   2007年06月13日 10:30
あはは
私の花粉症の医者は、いっつもガム(ニコレット?)噛んでます でも腕は良いんですよ なので、近いしまぁいっかぁ〜と通ってますが、机の上はいつもグチャグチャ
最初はとんでもない藪医者かとかなりビビリました
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔