トップページ田舎暮らし日記非常識な電話【田舎暮らし白書】

田舎暮らし日記

非常識な電話田舎暮らし白書

ある休日、自宅に知らない人から電話がかかってきた。

話を聞くと、ある施設で何度か会った50代の人で、1人でベラベラしゃべるのであまり関わらないようにしていたのだが、どうやらその人からのようだ。私がパソコンに詳しいと何処からか聞いたので、パソコンについて聞きたいことがあるとのことだった。

私は冷静になって逆に質問をした。
「私の家の電話番号をなんで知っているんですか?」

相手は平然と答えた。
実家に電話してお父さんに聞いた。」と。
もちろんウチの父と知り合いという訳ではない。私の苗字から実家の電話番号を電話帳で調べたらしい。

面識の薄い他人が、である(大汗)。

それでも私は奇声をあげたいくらいの驚きを抑え、極めて冷静を装い、ひと通り質問に答えた。しかし、こんな非常識なことってあって良いのだろうか。田舎では常識?
さすがに私の不機嫌が伝わったのか、それ以降は電話はない。
田舎はミステリー・・・。

田舎暮らし白書「たかが田舎暮しされど田舎ぐらし」】
-------------------------------------------------------------------------------------------
☆ランキング参加しています。
田舎ランキング

トラックバックURL
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔