トップページ田舎暮らし日記東京都民の性格【田舎暮らし白書】

田舎暮らし日記

東京都民の性格田舎暮らし白書

前の記事でも紹介したが「出身県でわかる人の性格」という本で、東京都民の性格を見てみたい。

本によると、まず東京はこういう街である。

「日本中から人が寄り集まっている街」
「このうえなく競争が激しいから、何かにつけレベルは高い」
「一も二もなくタフであるということに尽きる」
「ナイーブな人、ウェットな人、利害関係なしに接することの好きな人・・・こうしたタイプの人にとっては暮らしにくい」

そして、東京都民の気質は、
東京は地方人の集合体で純粋な江戸っ子は少ないので一言で語るのは難しいと前置きした上で、「本音を隠してうわべを飾る」としている。

素晴らしいではないか。
美輪明宏も言っている。
「人との付き合いは6割で」と。

何でも本音を言えばいいのは、子どもだけである。
大人は本音を隠して、契約社会を上手に乗り切らなくてはいけないのだ。本音を出しすぎてトラブルを起こす人が田舎には多すぎると私は思っている。

東京のように人だらけのところでは、1人1人が本音を言っていては収拾がつかなくなる。負けるが勝ちということを知らなくてはいけない。そういう意味でも、世知辛い世の中を生き抜く術を習得し、タフに生きているのが都会人なのだろう。

田舎暮らし白書「たかが田舎暮し、されど田舎ぐらし」
-------------------------------------------------------------------------------------------
☆ランキング参加しています。
▼田舎ランキング
▼ライフスタイル・ランキング

トラックバックURL
この記事へのコメント
1. かれん こんばんは   2007年10月08日 00:01
東京の人はあからさまに本音を言わない気がします。
本音を言いたい時は、先にクッション言葉をつけてる場合が多かったり。

基本的に人慣れしているので、人見知り
が少ないですね。あとは、道を聞いても反応が早いところも好きです。
2. 田舎暮らし白書 すいこ   2007年10月09日 07:35
5 そうですね。
特に社会人ならば、人見知りしていたとしても、していない振りをする術を持っている。
やっぱり田舎と違ってきちんとした契約社会で生きているので、ルールとかマナーをちゃんとわきまえていますからね〜。
3. みなぎ   2011年03月22日 10:23
地震ありえないわ
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔