トップページ田舎の人々田舎の若者たち【田舎暮らし白書】

田舎の人々

田舎の若者たち田舎暮らし白書

田舎暮らしをしていて、私の場合は東京の生活と比べてだが、良い面、悪い面を日々感じているが、今日は良いと思う点を書いてみたい。

それは、田舎の若者についてだ。
田舎の若者と言っても、もちろん私の住む田舎の若者限定ということで。

何がいいかって、今どきの若者風の格好をし、場合によっては一見柄悪く見えるくせに、妙に礼儀正しいのである。
いや、礼儀正しいという訳ではないのだが、一番気難しい中学生、高校生くらいでも、話しかけると きちんと敬語で返事をするのだ。

こちらから
「こんにちは。」
と言えば、

「ちわ〜!」
と元気な声が返ってくるのだ。

当たり前のことのようだが、東京の中学生・高校生の多くはそうはいかない。
そうはいかないから、大人側も道で会っても挨拶しないし、どこぞの施設で会ってもあまり話しかけることもない。他人だから当然と言えば当然だが、わが田舎では結構そこらの中・高生と会うと挨拶するのだ。まあ、狭い地域ということなのだろうが。

そんな小さなことだが、慣れていない私にとって、けっこう心地よいのである。
田舎は大人の方がずっとマナーが悪いと思う(笑)。

若者よ、大人になってもヒネくれるなよ〜っ!

田舎暮らし白書「たかが田舎暮し、されど田舎ぐらし」
-------------------------------------------------------------------------------------------
☆ランキング参加しています。
▼田舎ランキング
▼ライフスタイル・ランキング

トラックバックURL
この記事へのコメント
1. ミラクル   2008年11月08日 20:49
5 この世の中株の暴落や地球温暖化で先の見えない世の中…もとをたどれば酸素を出す山がある田舎があってこそ都会のビルに住む人も酸素がすえていると思う。いずれ都会が二酸化炭素を出しすぎて田舎の良さをきづく若者が増え実家にもどり過疎かもなくなり子どもがたくさん産め育てる社会がくることをいのっている
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔