トップページ田舎の仕事田舎で農業?自給自足?

田舎の仕事

田舎で農業?自給自足?

団塊の世代のセカンドライフとして、田舎暮らしが“流行”になっている。
田舎で農業」「自給自足の生活」が”憧れ”のように書かれている。
実際に行動している人はごくわずかだと思うが、書籍やネットを見ると盛んにそれが薦められ、夢物語のように語られている。

しかし私は、これらにはとても違和感を感じる。
なぜなら、地元の農家の人の話を聞くと「農業だけで生活はできない」「農業なんてやめられるならやめたいよ」と断言するから。
中には広大な土地を持っている羽振りの良い大地主もいるが、たいていの農家はそれだけで食ってはいけず、商店をやったり、奥さんを町のパートに出したりしている。商店といっても、所詮は田舎の商店なのでどこぞにコンビニができればすぐに潰れる。
このような現実を間近に見ているので、間違っても私の知り合いには田舎の農業なんて薦められない。

確かに、初めて農業に触れてみると楽しい。私もこっちにきて初めてクワを持って畝を作り、ジャガイモやトウモロコシを植え、収穫して食した。現在もダイコンを植えている。
はっきり言って自分で作った野菜を食べるのは感動ものだ。
しかしそれで家族を支えていくことはできないのである。私の場合、あくまでいつでもやめられる趣味の域なのだ。

実際には、せっかく苦労して植えた野菜が台風で全て台無しになることもあるし、美味しそうになった野菜の大半をクマやタヌキに食べられてしまうこともある。台風にもクマにもやられず順調に収穫できたとしても収入は微々たるもの。何百万もする農業機械を買わなければ、腰を悪くするのが関の山。

農業は甘くないのだ。

「お金はいくらでもある、余生を自然の中で土と共に過ごしたい。」
このような人ならば、「田舎暮らしで農業」はお勧めである。
ぜひ田舎に来て、少しでも人口を増やして欲しいし、都会の新しい風を吹き入れて、大いなるセカンドライフを送って欲しい。

ただ、それ以外の人にとっては田舎の農業は・・・地獄ですぞ、きっと。

【田舎暮らし白書「たかが田舎暮し、されど田舎ぐらし」】
-------------------------------------------------------------------------------------------
☆ランキング参加しています。
▼田舎ランキング
▼ライフスタイル・ランキング

トラックバックURL
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔