トップページ田舎暮らし日記同郷人あらわる

田舎暮らし日記

同郷人あらわる

ある飲み会の席に、仕事関係で1〜2回会ったことのある人の顔があった。
その日は挨拶をしただけだったが、その翌日に偶然にも海で釣りをしていて再び会った。「よく会いますね〜。」なんて笑いながら少し釣りの話をして別れた。

さて、ある日仕事の用事で幼稚園に行ったが、間違えて入った隣接する保育園から出てきたのがまたまた彼だった。経営者の息子で現在事務長をやっているらしい。
何とも不思議な感じだった。何か縁のある人かも知れないな・・・そう感じた。

そんなわけで、今度は示し合わせてある飲み会に参加して話をした。趣味の釣りの話から始まり、いろいろと話した。結構ウマが合う。よくよく聞いてみると、なんと彼はこちらの田舎出身ではなく、東京出身だということが分った。しかも同じ板橋区内の隣の高校出身だったのだ。

言うまでもなく2人で二次会に行き、とことん東京について、田舎についての話題で盛り上がった。
私がこれまでこの田舎ブログに書いてきたようなことのほとんど全てに同感してくれた。
きっと彼とは長い付き合いになりそうだ。これからも一緒に飲んでは田舎の素晴らしさを大いに称え、田舎の悪いところをこき下ろすことだろう。

【田舎暮らし白書「たかが田舎暮し、されど田舎ぐらし」】
-------------------------------------------------------------------------------------------
☆ランキング参加しています。
▼田舎ランキング
▼ライフスタイル・ランキング

トラックバックURL
この記事へのトラックバック
1. 田舎 暮し 岡山  [ 田舎暮らしがしたーい!! ]   2008年01月26日 10:42
経緯 しばらく兵庫県下で土地探しをしていましたが、1年後とうとう岡山県に来てしまいました。物件(土地)を見学した日は雨が降っていました。附近には少し田んぼが残っていて、それなりの里山のような情緒もあってわずかに高台で見晴らしもよさそうでした。実際は竹が密生....
2. 里山 田舎 暮し  [ 田舎暮らしがしたーい!! ]   2008年02月08日 08:56
街道沿いに桜と菜の花がもやっと咲き、肌寒いながらも今春真っ盛り。スイセンは盛りは過ぎたけど、チューリップが咲き出した。春・・・花の季節。これからめまぐるしく野草が咲き、消えていく。畑もますますあわただしくなる。ウドや筍の収穫もはじまった。今年こそ竹をそ...
この記事へのコメント
1. 元ベース弾き   2007年11月23日 19:46
運命的な出会いかも知れませんね。
来年40年ぶりの故郷岡山での田舎暮らしです。昔の仲間との飲み会が楽しみです。
2. すいこ   2007年11月23日 21:24
5 元ベース弾きさん、こんばんは。
そうですね、運命の出会いって妻とか以外にもあるんですね。
何かがお互いを引き寄せてる感じでした。
それにしても元ベース弾きさんの40年ぶりってすごいですね。
やっぱり生まれ育った街の仲間っていいですよね。
ちなみに、私は元ギター弾きです。
ジャンルはヘビメタですが・・・。
3. かれん こんにちは   2007年11月26日 12:05
 実は私も板橋区に数年住んでましたよ
板橋区役所前という駅の近くでした。
4. すいこ   2007年11月27日 23:35
5 あらら、それはまた奇遇ですねー。
板橋に生まれて板橋で20年間育ちました。(その後は埼玉や神奈川を転々とし、いま岩手・・・)
板橋区って響きが最高に懐かしいです。
板橋区役所前・・・うー、懐かしい(涙)!
5. かれん こんばんは   2007年11月28日 20:05
 板橋を離れて、だいぶ経ってしまい。一昨日までは忘れていましたが、

今日になって、高島平に地下鉄で(途中のから、景色が見える)水泳を習いにいたったなとか、夏に花火を団地の屋上から見たなとか一気に思いだしてきました
思い出させて頂きありがとうございます



6. すいこ   2007年11月28日 23:35
5 いやぁ、高島平ですか。
ちょっと縁起悪いですが、飛び降り自殺の名所ですね〜。
実は私の姉の同級生も高島平から・・・。
7. かれん こんにちは   2007年11月29日 13:57
 それは結構有名ですね。当時高島平から通っている担任の先生の話では、お墓がいっぱいあるのに無視してマンションを建てたので、のろいがあるとか聞きました。
 

8. かれん こんばんは   2007年11月29日 22:55
 それは、結構有名な話ですね。
当時、担任の先生が言うには、お墓がいっぱいあるのに、無視してマンションを
いっぱい建てたので、たたりがあるので
は、と聞いたことがあります。
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔