トップページ田舎の大自然クワガタの季節到来

田舎の大自然

クワガタの季節到来【田舎暮らし白書】

先週の休みに息子を連れて、車で30分ほどの山奥に虫捕りに行った。

虫と言っても目的はクワガタ。

真昼間なのでクワガタは活動していないだろうとは思ったが、木の根元付近で土の柔らかいところなどを掘ってみるといるかも知れない。

うようよ見つかる蛾や毛虫を除けながらクワガタを探していると、木の根元でモゾモゾ動いている2匹の黒い影。

「いたぞっー!」

確かにクワガタだが、2匹とも小さい。

コクワガタか?
コクワにしてはハサミが貧弱だ。
(いつもウチはこんなのばかりで大きな立派なクワガタをゲットできたことがない・・・)

それでも息子は大喜び。
「おい、あまりいじりすぎると死んじゃうから・・・」
という言葉はまったく耳に入らないようだ。



さて、
それから1週間経った今日、再びクワガタを探しに夜出掛けた。
車で15分ほどの街灯のある公園へ。

昔であれば、
木に砂糖水を塗って、朝早く出掛けて見つけるのが常套手段だったのだが、今は違う。


夜に出掛ければ、街灯のある公園、2〜3台並んでいる自動販売機、派手に明るいパチンコ屋などにいるのだ。

しかし残念ながら今日は1匹もゲットできず。


虫博士のような子供を持つ知人の家に寄ると、
すでにクワガタはけっこう捕れていると言う。

カブトムシはもう少し暑くなってから、カマキリは9月くらいになってかららしい。

今日は収穫なしだったことを言うと、
立派なノコギリクワガタを1匹くれた。

息子はというと狂喜乱舞。
ノコギリクワガタ



それにしても、
カブトムシとかクワガタは大人になっても嬉しいもの。
特に東京に住んでいるときは、こんな機会はなかった。

今の子供たちの中には「かぶと虫やクワガタはお店で買うもの」と思ってる子もきっといるだろう。


子供はもちろんだが、
私も童心に返って必死にクワガタを探した。

次回はすごいクワガタをゲットしてやるぞー!

【田舎暮らし白書】
 

トラックバックURL
この記事へのコメント
1. りな   2008年11月19日 16:13
5 たまたま発見して一気に読んでしまいました(^-^)共感してしまう所が多かったです(^-^)本当に高校生のアルバイトより安い時給…労災も付かないような仕事…日本の中国…本当にそうですね(Θ_Θ)
2. すいこ(管理人)   2009年01月27日 19:44
りなさん、はじめまして。
しばらくサボってました。
これからもヒッソリと田舎の悪口を書きますので、また遊びにきてください。
あ、もちろん田舎の良い面もたくさん書きますよー!
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔