田舎の仕事

田舎で農業?自給自足?

団塊の世代のセカンドライフとして、田舎暮らしが“流行”になっている。
田舎で農業」「自給自足の生活」が”憧れ”のように書かれている。
実際に行動している人はごくわずかだと思うが、書籍やネットを見ると盛んにそれが薦められ、夢物語のように語られている。

しかし私は、これらにはとても違和感を感じる。
なぜなら、地元の農家の人の話を聞くと「農業だけで生活はできない」「農業なんてやめられるならやめたいよ」と断言するから。
中には広大な土地を持っている羽振りの良い大地主もいるが、たいていの農家はそれだけで食ってはいけず、商店をやったり、奥さんを町のパートに出したりしている。商店といっても、所詮は田舎の商店なのでどこぞにコンビニができればすぐに潰れる。
このような現実を間近に見ているので、間違っても私の知り合いには田舎の農業なんて薦められない。

確かに、初めて農業に触れてみると楽しい。私もこっちにきて初めてクワを持って畝を作り、ジャガイモやトウモロコシを植え、収穫して食した。現在もダイコンを植えている。
はっきり言って自分で作った野菜を食べるのは感動ものだ。
しかしそれで家族を支えていくことはできないのである。私の場合、あくまでいつでもやめられる趣味の域なのだ。

実際には、せっかく苦労して植えた野菜が台風で全て台無しになることもあるし、美味しそうになった野菜の大半をクマやタヌキに食べられてしまうこともある。台風にもクマにもやられず順調に収穫できたとしても収入は微々たるもの。何百万もする農業機械を買わなければ、腰を悪くするのが関の山。

農業は甘くないのだ。

「お金はいくらでもある、余生を自然の中で土と共に過ごしたい。」
このような人ならば、「田舎暮らしで農業」はお勧めである。
ぜひ田舎に来て、少しでも人口を増やして欲しいし、都会の新しい風を吹き入れて、大いなるセカンドライフを送って欲しい。

ただ、それ以外の人にとっては田舎の農業は・・・地獄ですぞ、きっと。

【田舎暮らし白書「たかが田舎暮し、されど田舎ぐらし」】
-------------------------------------------------------------------------------------------
☆ランキング参加しています。
▼田舎ランキング
▼ライフスタイル・ランキング

役人天国?田舎暮らし白書

田舎と都会の大きな違いとして思ったことの1つは、役人の扱いというか地位である。

国家公務員と言えば「ほう〜」となるが、地方公務員、とりわけ地元の区役所(田舎では町役場、村役場)の役人といったレベルになると、私のイメージでは、あくまで「私のイメージ」としては、

 1、あまり野望のない安定志向の人がなる職
 2、学校時代でも比較的おとなしく社交的でない人がなる職
 3、民間でバリバリ仕事をする能力がない人がなる職
 4、給料も安定こそしているが、民間に比べれば低賃金の職

なのである。

で、勤務イメージとしては、

 1、昼休みにはのんびりと将棋を指している
 2、あまり強弱のない仕事内容
 3、一斉に定時退社する(しかもあまり遊ばない)

なのだ。

つまり、私の中で「役人」というのは“使えない人”たちなのだ。民間の会社でバリバリ働くことを放棄した人というイメージなのである。

東京出身の私の年代はほぼ同じイメージを抱いている。
(バブル時代に社会人を迎えた我々のイメージなので役人の人は怒らないように・・・)


しかし、田舎は違う。
口で「役人なんて・・・」と言っていても、実際には違う。
私が田舎暮らしを始めて分かった「田舎の役人」はこうである。

・地元の中では比較的頭が良い人、つまりエリートが役場で働く。
・給料は普通の民間よりずっと高く安定している。

<結論>
都会の役人と田舎の役人は、イメージが全く異なる。


田舎暮らし白書「たかが田舎暮し、されど田舎ぐらし」
-------------------------------------------------------------------------------------------
☆ランキング参加しています。
田舎ランキング

日本の中国?田舎暮らし白書

田舎の給料が都会に較べて驚くほどに安いことは以前にお話した。
今、私のいる田舎では数年前より工場誘致に成功して一部の行政の人間の中で大いに盛り上がっている。

確かに、工場での働き口ができ、就職率が上がることは喜ばしいかも知れない。しかし、話を聞くと待遇があまり良くないようだ。きつい立ち仕事で同じ作業の繰り返し。休みも少なく、さらに給料が安い。以前「3K(きつい、汚い、危険)」という言葉があったが、それを思い起こさせる。当然だが、離職率も高いらしい。

それにしても、なんで工場がこんな交通の便の悪い田舎に来るのか、どんなメリットがあるのか・・・。そう、人件費が安い、これにつきる。つまり、中国に工場を作って安く生産するのと同じ原理ではないか。
ということは、ここは「日本の中国」ということだ。

確かに工場がたくさんできたメリットは大きいが、こういった状況を手放しで喜んでいていいのだろうか?微妙なところだ。

【田舎暮らし白書「たかが田舎暮し、されど田舎ぐらし」】
-------------------------------------------------------------------------------------------
☆ランキング参加しています。
田舎ランキング

通勤地獄のない田舎の生活【田舎暮らし白書】

田舎暮らしを始めて、一番最初に「田舎はいいなぁ」と思ったのは通勤地獄がないということ。田舎は電車やバスなどの公共交通網のインフラが弱く、車社会なのだ。まあ、インフラが弱いというよりも乗る人がいないというだけなのだが・・・。田舎での通勤は、ほとんどの人が自家用車通勤なのである。

東京の時は通勤時間1時間や2時間は普通だった。3時間かけて通勤した時もあった。満員電車の中で二日酔いで吐きそうな時もあったし、小便だけでなく大きい方をもよおしたことも多々あった。眠くて膝をカクンカクンさせながら必死に電車の吊り革につかまっていた頃に比べると、田舎暮らしは天国のようだ。

くだらないようだが、これは田舎の大きな大きなメリットの1つと言えるだろう。

【田舎暮らし白書「たかが田舎暮し、されど田舎ぐらし」】
 
田舎の給料で生活していけるのか?田舎暮らし白書

田舎の給料が如何に安いかは「就職活動−ハローワークでお説教」の記事でお分かりいただけたと思う。けっこう多くの大人(30代、40代でも)が月10万台で汗水流して働いているのが田舎の現状。

しかし、実際にそんな給料で生活していけるのか。家族を養っていけるのか。

答えを先に言ってしまうと、生活していけるし、養っていける。というより、その給料でやっていけるような生活をするのである。(T_T)

高級車を買いたいけど、買えないから軽自動車で我慢する。仕事帰りに外で一杯やりたいけど、給料が安いから家で大五郎(焼酎)のお得サイズをチビチビと飲む。趣味を思いっきり満喫したいけど、お金がないからまあ適当に。習い事をしたいけど、お金がもったいないからやめておく。海外旅行に行ってみたいけど、そんな金も時間もないからあきらめる。
ね、質素な暮らしでしょう。まさに今の私です。(^^ゞ
東京にいた時の3分の1の給料でやってるわけだ(悲)。

特に若者が安月給で生活していける何より大きい要素は、親と一緒に住んでいるということ。親と同居なので、家賃もいらず、水道光熱費もかからず、食費の心配もないのだ。もちろん、例外の人もたくさんいるのだろうが、私の見たところ、親におんぶに抱っこ、そういう若者が非常に多い。
要するに、贅沢をせず質素な生活をすれば10万円でもオツリがくるのである。

ただ、私が思うのは、それで良いのかということ。特に若い人たち。
高い給料をもらえれば自己投資も含めてやりたいことができ、人間の幅を広げられる可能性も大きくなる。お金、お金って何だかいやらしく聞こえかも知れないが、資本主義社会である日本ではお金がなければ食べることができないのは当然ながら、病気の治療も受けられないし、子供に高い教育を受けさせてあげることもできない。女性と遊ぶのだって金がたらふくかかる(笑)。

田舎の人たちはそういったことを望んではいるのだろうが、そう見えない。「仕方ないよ」とあきらめているようにしか見えないのだ。
島田洋七の「佐賀のがばいばあちゃん」のような田舎暮らしもあるし、それは否定しないけど、私自身はそういう選択をしたくはない。
(本はすごく面白かったけどね〜)

まあ、そんなこんなの事情で、向上心が強く野望を持った若者は卒業と同時に都会へと離れていってしまうのである。悲しい負のスパイラルだと思う。

【田舎暮らし白書「たかが田舎暮し、されど田舎ぐらし」】

就職活動開始、ハローワークでお説教田舎暮らし白書

さて、転勤で田舎に来た訳ではないので、仕事を探さねばならない。
田舎暮らしと言えば、農業など自営業が頭に浮かぶかも知れないが、私はそういう目的で田舎に来たわけではない。
仕事については後でいろいろと書くことになると思うが、とにかく家族のためにも生活していくだけのお金は稼がねばならないので、まずは本屋で就職情報誌を探した。今なら感覚的に「就職情報誌(田舎版)」なんてない、と判断できるのだが、当時は田舎は田舎なりの情報誌があるのだろうと思っていた。甘かった。
なので地元のハローワークに行ってみた。

初めてのハローワーク(私の若い頃には「職安」と言ってイメージも良くなかったし、職安行かなくても数ある情報誌で事足りていた)にドキドキしながら順番を待っていた。私の番になりイスに座ると、40歳くらいの冴えない風貌の天然パーマのいかにも田舎者っぽい男性が対応した。
まず最初に条件を聞かれた。
「給与はいくらくらいご希望ですか?」

私はごく普通に答えた。
最低でも35万くらいあれば何とか。」

担当者は目を丸くして声高に言った。
「・・・そ、そんな仕事ありませんよ、ここにはっ!!」
半分怒っている様子だ。(@_@;)

何でハローワークで怒られなきゃならないんだろう。

でも、今となると十分に理解できる。
東京と田舎との給料は天と地の差があるのだ。
月給12〜13万円という仕事がなんと多いことか。しかも週休1日だ。10万円以下の仕事も結構ある。年齢や実績とかは関係ない。当然住宅手当なんてものはない。それでも業種や職種が豊富であれば良いが、当然限られた業種・職種しかない。そういう世界なのだ、田舎は。

高校生のアルバイトかっ!
思わずタカトシ風にツッコミたくなる(笑)。
だが、これが田舎の現実だ。
田舎暮らしを始めてまだ1ヶ月くらいの時期だが、ホント泣きたくなった。
実家(住んだことはない)があるとはいえ何の調査もせずに来た私が悪いのだが、これが同じ日本なのだろうか・・・。

【田舎暮らし白書「たかが田舎暮し、されど田舎ぐらし」】